2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

リンク

無料ブログはココログ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月

2016年2月21日 (日)

アッ・・やって来ました・・・

Dscf837828215 小屋を設置して数日後、ふと気がつくと小屋の前にヒヨドリが・・・第一番のお客さんはヒヨドリでした。

 彼らは、目が良く・嗅覚も良いのでしょう・正に動物的な感覚・能力で食べ物の有ることを何処かで見ているのですね・・・笑・・。

 居間の窓越しから、ヒヨドリを見つけたので、慌てて、カメラ・カメラとと思い、Dscf838028215気づかれないように、ご覧のとおり、何とか撮ることが出来ました。

 欲を言えば、ヒヨドリでなく、小鳥が良かったのですが、(小屋のスペースはヒヨドリが入るのは無理) ・・

 でも取り敢えずヒヨドリが来て、餌を食べてくれたので嬉しくなりました。

 ・・小鳥を呼び寄せるには、小屋の設置の仕方にも工夫が必要なのかも・・・?・・。

 春が進み、鶯の鳴く時期になれば、小鳥の活動も活発になり、可愛い小鳥が小屋に入ってくれるかも・・・期待しよう・・・笑・。

【H・M】


人気ブログランキングへ

2016年2月16日 (火)

一月の作品・そのⅣ

Mdscf8057271204_2 我が家の庭に、毎年方々に生えている千両に、沢山の実を付けます。

 その実を狙って色々な鳥がやって来ます。

 何とか、年内にはその実か無くならないよう工夫をし、鳥達から実を防御しています。

 年が明けた中旬過ぎには解禁にしています。

 

Mdscf829128130_2  

  今回は少し趣きを換えて、小鳥小屋を作ってみました。

 そこで、居間から見えるところに、小鳥たちを呼び寄せることは出来ないかと・・・、ご覧のように小鳥小屋を庭木に設置してみました。

 

  

 Mdscf83212825_2

 小屋の中には鳥たちが好きそうな餌を置きます。

 さて、鳥たちは来てくれるだろうか・・・・・

 欲を言えば可愛い小鳥に来て欲しいのだが・・・・。

 果たして結果は如何に・・・?

 期待どおり、小鳥達が来てくれて写真が撮れたら、このブログへ・・・笑・・・。 【H・M】


人気ブログランキングへ

2016年2月14日 (日)

一月の作品・そのⅢ

 変わり映えもしない作品ですが、小鉢を二種類作ってみました。

 何時ものことですが、自分の中では、形はそこそこ出来ると思っているのですが・・・・

 問題は、色・・・ですね。考えても良く出来る分けではないのですが・・・・それなりに苦労します。

Dscf836228212 ①この作品は、土は古信楽の細目・釉Dscf835128210薬は黄瀬戸をかけた上に、織部釉を中に・水玉状にして置いてみました。

②次は、土は同じく古信楽の細目・釉薬は透明をずぶがけした後に織部釉を適当に吹き付けてみました。

 写真では、色ははっきりしませんが、両方とも色は、まあまあの出来かな・・・と少しホッとしました。(・笑・) 【H・M】


人気ブログランキングへ

2016年2月 9日 (火)

一月の作品・そのⅡ

何時もこつこつ努力家、好奇心旺盛な「C・T」さんの作品を紹介

Ct① 手びねり専門で時間をかけ丁寧に作り上げた、凝った模様を施した素敵な丸皿です。
 

 

 

 

 
Ct_2② この作品も手の込んだもので、中に明かりを入れて楽しむことが出来、本人も気にいっている作品だと言っていました。
 

 

 

 

Ct_3③ カラフルな作品で・・何に使う目的ですか・・・と、聞いてみますと・・。
 カレー皿としてはどうかな・・それとも・・・。
 ちょっと残念なのは、少しヒビが入ってしまったことです・・
と・・次に作る時の宿題が出来たと・・・次なる作品に意欲をみせていました。
【H・M記】


人気ブログランキングへ

2016年2月 3日 (水)

節分・願いを込めて・・

Dscf83162823 今日は節分・福は (健康)内・鬼は (病気)は外・・・と、願いを込めて、昨年より、少し大きな声で(・笑・・)豆をまきました。

 例年のことですが、我が家のセレモニーとして、先ず・以前に作ったフグ(福)の小皿(写真)に豆を載せ、神棚に上げた後、その豆を前記のような特別な気持ちで・・・・。

 と言うのも、昨年は、入院すると言った出来事もあったので、今年こそ安穏な日々が過ごせますようにと・・・・・・。

 皆さんのところでも、幸せを願って、豆まきをされた ことと思います。               【H・M】


人気ブログランキングへ

2016年2月 2日 (火)

一月の作品・そのⅠ

何時ものことながら研究熱心な「M・W」さんの作品

Dscf8275281丸の中皿・・片方が、酸化焼成、片方が、還元焼成と、それぞれ凝った模様などを入れ素敵に仕上げています。

 

 

Dscf8274281角の小皿・スミレビードロ釉をかけ還元焼成で仕上げた・・・と、それぞれ本人からの聞き取りです。

 

 

 

トビカンナの中皿は、めきめき上達している「S・E」さんの作品

Dscf825028130白化粧をし、トビカンナをかけ、透明釉・そして、還元焼成で仕上げたとのことでした。

 

【H・Mの記】


人気ブログランキングへ

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »